【くわまそ】La Mort Heureuse【のブログ】

【くわまそ】La Mort Heureuse【のブログ】
ニコニコ動画にて
・【ペルソナ4縛りプレイ】里中千枝と二人で難易度EXPERTに挑む
・【車載実況】大分弁で九州横断道路を横断しちみるわ
・大分弁でDEAD ISLAND実況プレイしちみるわ
他、何やかんや気まぐれで適当にやってます。

ぬれゲー。

ご存じの方が多いとは思いますが
『零』シリーズには作品ごとにそれぞれイメージカラーがございまして。

初代『zero』は白と黒。
二作目『紅い蝶』は紅。
三作目『刺青の聲』は青。
四作目『月蝕の仮面』は黄。

また、3DSソフトの『心霊カメラ ~憑いてる手帳~』内でプレイ可能な
『ARストーリー「零〜紫の日記〜」』に関してもそれは例外でなく
表題の通り、紫のイメージカラーが設けられております。


さて、次回作は何色になるのだろうか。

この流れで行くと、緑の線が濃厚ですよね。
『翡翠のなんちゃら』とかいかにもサブタイになりそうな感じがありますし。
天野月(子)の曲にも『翡翠』ってありますし。
十二分にあり得る。

他にも、炎をモチーフにして橙色と絡めてくるかも知れません。
もしかしたら金とか銀とかの可能性も無くはない。
ピンクは流石にちょっと考えられないかな。
個人的にはやっぱりみd
菊地P「濡羽色」

ぼく「え?」
菊地P「濡羽色」



という訳で『零 ~濡鴉ノ巫女~』発表きたあああああああああああああああああああああああああああああああ


ちなみに、濡羽色ってのは女性の美しい黒髪を表す色だそうです。
初めて知ったわ。
予想出来るかこんなん。


雨、ってよくよく考えれば零シリーズと相性良さそうな要素なのに
過去作中ではそこまでフィーチャーされてませんでしたね。
ハード性能との兼ね合いもあったのでしょうけど。

雨が降りしきる山中っていう舞台に関しては、
探索がすごく面白そうな反面
閉塞感がなくなって恐怖が薄まるのでは、というのが率直な感想。
ストーリーの何割が野外移動なのか気になる所です。
やっぱ古びた日本家屋を探索したい。
そして壁の向こうに隠れる幽霊にイライラしたい。


発売日は9月27日。
意外とすぐですね。
『ドンキートロピカルフリーズ』の時と同様、
実家のリビングにあるWiiUを借りてプレイすることになりそうですが、
zero

ご覧のように、雨に濡れそぼった露出の高いチャンネーが主人公なので
親や甥っ子の前でプレイするのはちょっと気が引ける。
ベヨネッタも同様。
平日にゲーム休暇が取れればいいなぁ。


その他にも、
主人公の足早いなーとか、
水中で幽霊に襲われる場面とかあったら難しそうだなーとか、
ふともも触りたいなーとか、
思うところを挙げ始めたらキリがありませんが、
一番気になったのはやっぱ主題歌の件。
ws000686

つっこさんじゃないとか…。



この時の俺の気持ちをかやせ。
かやせ。

紅王。

まさか阿澄日和にブログの更新頻度で負けてしまう時が来るとは思ってもみなかったよね。

最近更新ペースが落ちております。申し訳。
というのも、初夏あたりから仕事の方が多忙を極めておりまして。
一応定時には帰れるのですが、休みがなかなか取れないという状況。

また、たまに取れる休日にはマー兄宅で未消化の某ホラーゲームやるのが日課になっている為、
今までの生活サイクルとは違う毎日の中で
なかなかいつものペースを取り戻せずにいるのです。

チエチャンもやりたいし、ペルソナQもやりたいし、零の軌跡もやりたいし、ブログも書きたいし、アニメも見たいし、部屋の掃除もしたいし。
何から手を付けたらいいか分からないまま
「あれ?俺今日仕事から帰って何してたっけ?」
と一日を振り返りながら眠りに就く日々が続いております。
これはいかん。


後日、改めて今後の動画投稿予定やらイベント参加予定やら戦利品やらをまとめます。
自分自身への覚書的な意図で。
チエチャンも、7月30日にはアップロードしたい所存。
時間を大切にせねば。

「泣いていいのは、会見中か、温泉の中だって…」

早苗さんが言ってた。


案の定、ネットユーザーの格好の餌食となってしまった野々村議員。
会見の映像を初めて見たとき、僕は笑うより先に戦慄してしまいました。



公の場に立っていい人とはとても思えない。

もはや何らかの精神疾患があるとしか思えないので
頭ごなしに彼を「おかしな人だ」と否定してしまうのは些か心苦しくはありますが、
少なくとも「議員に相応しくない」と感じているのは僕だけではないはず。
『47歳児』という蔑称は言い得て妙で、
ただ歳を重ねただけの子どもにしか見えません。

そしてこの騒動は日本国内のみならず、海外のメディアへと波及。
『フルスロットル謝罪』と揶揄されるにまで至りました。

日本のネットユーザーの大半は
この一連の騒ぎをある種の祭りとして全力で楽しんでいるように思えます。
しかし、僕にはどうも笑うことが出来ません。

世界の目に、彼は『兵庫県儀会員の野々村竜太郎』として映りません。
『日本の政治家』として映るのです。
これは本当に恥ずかしい。

彼を笑うということは、日本の現状を笑うということ。
笑ってる場合じゃないだろう。
日本国民はもっと危機感を持つべきだと僕は声を大にしt

野々村議員が全く気付かないうちにCLANNADの汐になる


くっそ笑った。


や、ニコニコのランキングにBGM挿入系のネタが多数あったので
「定番の『願いが叶う場所』が投稿されてなかったら、作ってみようかなぁ」と思い
「野々村 CLANNAD」で検索かけた結果がコレだよ。

タイトルを一瞥して、「やっぱ既に作られてるよねー」と独り言ちながら再生。
予想に反しクラナド本編が映し出されて困惑するも、
数秒後にこの動画がどういうオチを迎えてしまうのか理解した瞬間、
盛大に吹き出してしまいました。

そして予想通りの展開と、
コメントの「子安wwwwww」で更に爆笑。
確かに子安だわこれ。

トドメは声がフェードアウトしつつの「世の中を変えたい」で
涙が出てくるわ息できないわでもう。
はー。笑った。
本来の目的であった、ただのBGM挿入MADを投稿する気はすっかり失せてしまいました。
これには勝てんわ。


あ、今更ではありますが、
クラナドの感動を激しく台無しにする動画ですので閲覧注意。
僕自身、原作で泣き、アニメでも号泣した場面の一つですので
ちょっと見て後悔してる気持ちもありつつ。

だけど一番涙腺にきたのは、
帰りの電車の中で渚の思い出話を汐にする場面です。
あのシーンにおける朋也とプレイヤーの心情のシンクロっぷりは異常。
ネタにすんなよ!絶対すんなよ!

何も起こらない恐怖。

某所で「怖い」と評判だったので
恐る恐る再生してみたものの、あんま怖くなかった『呪怨』のCM。


むしろ可愛い。
呪怨は、中の人が有名になりすぎちゃったと思うの。

怖いCMといえば、『SIREN』のテレビCMは、
そういう話題になると必ずと言っていいほど挙げられますね。
「怖すぎるからやめて」という苦情で放送禁止になったとか。


僕の場合、リアルタイムで見ることができず
ゲーム本編をクリアして暫く経った頃にYouTubeで見てしまったので
フラットな気持ちで見ることが出来ませんでした。
恐怖というよりも、むしろ知子ちゃんに同情してしまうというか。
この後、肩を落として去るシーンが切ないのです。


リアルタイムで見ていて、本当に怖かったCMはこれ。


ミュージックステーションの最中に流れたのを今でも覚えてます。
これの何が怖かったって、当時このCMを見た人が周りで僕一人だけだったこと。
「あのCM超こえーよな!」という共感ができない恐怖な。

変な幻でも見たのでは、と割と本気で悩んでいたので
数年経ってYouTubeで発見したときは、妙な安堵感に包まれました。

ですが、やっぱ再生数もコメントもやたら少ない。
放送してた時期が短かったんでしょうね。
これをリアルタイムで見れたってのは結構貴重だったのやも知れぬ。
今でも素敵なトラウマです。

しかし、こんだけ印象に残っときながら
未だにコードベロニカは未プレイなんですからCMの売上効果ってのもきっと大したことないでしょうねそんなことはないですかそうですかすみません。


最近、テレビは実家に帰ったときぐらいにしか見ないのですが
ホラーゲームのCMって今でも地上波で流れるもんなんですかね。
WiiUの『零』新作のCMとかで、ガッツリと怖いのを流してほしいものです。
そういやホラー系の映像って作ったことないなぁ。
なんか作ってみたい。

死に明日香。

カメラワークがアレだったり音質がアレだったり運営がいろいろとスベってたりで
いまいち最後まで見る気になれない『猫ブース鬼パーセント芋』のニコ生ですが、
先週の西さんの死に芸がやたら極まってて不安になるレベル。


編集で一時停止してるのかと思ったらガチで微動だにしていなかったでござるの巻。
滲み出るオリエント工業感。
今度TS見てみよう。

【ペルソナ4縛りプレイ】里中千枝と二人で難易度EXPERTに挑む【part51】

やっと出来たよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
今回も今回とて、大変お待たせ致しました。


中ボス直前まで入れたかったのですが
雑魚と遊びすぎた結果がこれだよ。
気が付いたら何かと苦戦を強いられてしまっているのが戦車ペルソナクオリティ。
エリゴールはほんと足ばっか引っ張りおってから。

現在、中ボス戦まで収録済。
次回分の素材は集まっているので、またちまちまと作業を進めていこうと思います。
PQと並行しつつ。
まだ封開けてないけどね!
繋ぎのつもりだった『プロジェクトクロスゾーン』に不覚にもハマってしまいまして。
毒島かわいいよ毒島。

なお、チエチャンpart52は今月末にアップロード予定。
月1更新を目指しつつ、
今年中には天国クリアくらいまで進めたい所存。
これからも引き続きまったりとお付き合い頂けたら幸いでございます。

養豚場で豚リスナーとぶっひっひ。

本日、待ちに待った洲崎西イベントのチケット当落発表日だった訳ですが、
15時頃に届いたメールには
「残念ながらご用意することができませんでした」
という無慈悲な一言が。

悲しみに暮れつつも、Twitterで「洲崎西」と検索してみると
僕と同様、落選メールを受け取ったリスナーの悲しみの声が
まるで屠殺場に響く豚共の慟哭のように溢れておりました。
本当にえげつない倍率だったんだなぁ、と改めて実感。

しかしその反面、落選して少しだけ安心したのです。

というのも、洲崎西イベント当日に大きめの仕事が入ってしまう可能性が浮上してきまして。
まだ確定ではないものの、決まってしまったらちょっと休みは許されない感じのお仕事でして。

もしチケットが当選し、且つ仕事が入った場合、
そのチケットは泣く泣く手放さざるを得ないという結果になってしまいます。
それはちょっと悔しすぎる。

ですので当然落胆はしましたが
まぁこれは仕方がない、と
割とすんなりと気持ちを切り替えることが出来ました。
楽しいイベントになってくれることを祈りつつ、仕事に励むことにしよう。
めでたしめでたし。


と思ってたらですよ。
その1時間後に、もう1通メールが。
チケット用意出来たから金払え的なメールが。

困惑しつつメールを読み進めてみると
どうやら最初に到着したメールは『夜の部』の当落結果だったようで。
無事、『昼の部』は当選したとのこと。

一度はすっかり諦めていたチャンスが再び訪れてくれたことに対する喜びやら
それでも仕事が入って行けないかもしれないという不安やらで
なんかもうさっきから自分でもびっくりするほど落ち着きがないです。
カーペットの同じ所をずっとコロコロしてます。


今はただ、その仕事が中止或いは延期になってくれることを祈るしかありません。
って、自分でも書きながら歪んだ祈りだなーと感じますが
そりゃお前、会社の売上より趣味の方が大切だもんよ。
仕事は目的じゃなくて手段だもんよ。
ってことでもうちょい頑張れ、俺の運。


ちなみに、そのイベントのタイトルも本日発表されました。

洲崎西イベント 養豚場ミーティング2014 ~真夏の盛りガール!WOW!!~

発券するときの店員の目が楽しみです。

風子と風花とヘッポコ丸。

正直、ファルコムは発売前にネタバレスレスレの情報をぶっ放し過ぎではなかろうかと思う。

『閃の軌跡II』トワ会長、シャロン、アンゼリカがバトル参戦。新システム「オーバーライズ」や活動拠点「カレイジャス」の情報も
(『ゲーム情報!ゲームのはなし』様)

いや、確かにテンションは上がるんですけれども。

しかし既に購入する気マンマンの身としては、
なるべくこういう情報も遮断した状態でプレイしたいのです。
「うひょー!よもやこの人がパーティに加入するとは!うひょー!」
っていう興奮が大好きな人間なのです。
だったらゲーム関連のニュースサイトを見るなって話ですね、はい。すみません。

こうなってくると、ファン人気の高かったキャラは軒並みプレイアブル可しそうな勢いですね。
ということはよっしゃこの調子だとリンデとヴィヴィもパーティ参加ですねよっしゃ。
需要ないですか。そうですか。
【ニコニコミュニティ】くなまその生放送
記事検索


47都道府犬

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語公式サイトはこちらへ!
ファタモルガーナの館
エスカ&ロジーのアトリエ公式サイトはこちらへ!
  • ライブドアブログ