【くわまそ】La Mort Heureuse【のブログ】

【くわまそ】La Mort Heureuse【のブログ】
ニコニコ動画にて
・【ペルソナ4縛りプレイ】里中千枝と二人で難易度EXPERTに挑む
・【車載実況】大分弁で九州横断道路を横断しちみるわ
・大分弁でDEAD ISLAND実況プレイしちみるわ
他、何やかんや気まぐれで適当にやってます。

2013年05月

ever9。

4年前にDSで発売され、一時期ニコニコアプリでも公開されていた
『極限脱出 9時間9人9の扉』がiOS向けに本日配信されたとのこと。

9時間9人9の扉 Smart Sound Novel 公式サイト

んで、そのiOS版とやらにおいては
ストーリーに没頭してもらうために
あえてパズル要素を取り除いた、ということなのですが、
006

001

スクショを見る限り、
DS版とは異なりどうやら1つの画面だけで物語が進む模様。


以下、ネタバレ反転です。

このゲームの醍醐味は、
上画面と下画面では時間軸、主人公が異なっていた
パズルパートは下画面で操作。つまり上画面の主人公である淳平に対し、下画面の主人公である9年前の茜が脱出を手助けしていたことになる
という真相にあり、
逆に『淳平が9年前の茜を助ける』状況である最後のパズルだけは
プレイヤーにDSを逆に持たせ、上の画面で謎解き(という名のただのナンプレ)を操作させる
といった演出もこの作品の魅力のひとつだったと思うんです。

こういった、二画面であることを利用したゲームならではの魅せ方が素晴らしかった作品なだけに、
パズルを廃止して一画面だけになっちゃったら、
面白さが半減してしまう気がしてなりません。
演出云々を抜きにして、純粋な読み物として面白かったかと言われると
正直微妙な作品ですので。

なんとなく、森博嗣の『そして二人だけになった』にも似たすっきりしないラストだったのを覚えています。
考察の余地を残したい、っていうアレですか。そうですか。


とは言ってみたものの、このようなアレンジによる演出面でのデメリットは
ちゃんと制作側も分かっているはず。流石に。おそらく。多分。
DS版プレイ済みの人でも楽しめる何かしらが用意されていることでしょう。
なのでちょっとプレイしてみたいです。
1000円ぽっきりですし。キヌ絵好きですし。ペシペシ。


あと残された問題は、僕がiPhoneもiPadも持っていないということだけです。
買うつもりもない、ということだけです。
ほんとそれだけです。

どんなにはなれていても オレたちは友だちだよな!

ここ数日でもりもりと進め
先ほどやっとこさ『ドラクエ7』クリア。
ラスボスを倒したのみでやりこんではいませんが、一応一区切りです。
プレイ時間は65時間。主人公のレベルは39。
PS版と比べるとだいぶ短縮された気がします。

リメイクするにあたり、PS版で猛威をふるった一部凶悪なモンスターは
やっぱぬるく調整されてしまうものだろうと思っていました。
しかし、ヘルクラウダーさんのしんくうはで僧侶アイラが10割持ってかれるわ、
れんごくまちょうさんの煉獄火炎で上級職パーティ全員が瀕死になるわと、
トラウマ要素をしっかりと残しているあたり好感がもてました。
れんごくまちょうさんはバグなんかじゃなかったんや!

という訳でドラクエ7は一旦終了。
まだ裏ダンジョンやら追加シナリオやらが残っているので
時間がある時にでも堪能したいと思います。
今は真Ⅳさせて。お願い。


ちなみに、ネットでは「妄想乙」と一笑に付されがちの
キーファ=ラスボス説。
http://blog.livedoor.jp/guraroido/archives/66392610.html
僕は割と信じてたりします。
救いはないですが、そっちの方がワクワクする。

今回の3DS版のプレイにおいては
「ラスボスの正体がキーファだったら」という妄想をしつつ
都合よくストーリーを改変しながら進めていました。
もちろん、ラスボスの正体を知っているのは
パーティメンバーのみという設定で。

そうするとクリア後のバーンズ王との会話や、
最後の石版に書かれてあったメッセージやらが
どうしようもなく切なくなってしまう不思議。
こういう楽しみ方もありかと。
鬱ゲースキーにはオススメです。


さて、明日からようやくハイパー真Ⅳタイム。
ブログの更新が滞る、もしくは真Ⅳプレイ日記と化してしまう恐れがありますが勘弁な!
6月中にはチエチャンの続きも上げたいので
ペース配分も考えつつ過ごさねば。
今年の夏も忙しくなりそうです。
ゲーム消化的な意味で。

有給休暇のサプリームブリス。

昨年末から溜まり放題だった仕事がようやく片付き
幸か不幸か、明日から職場でやることが無くなったので
満を持して堂々の有給申請。
明日、『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』見に行ってきます。

グッズ何買おうかなーと悩んでいたのですが、
劇場行かなくても通販で買えたんですね。
STEINS;GATE劇場グッズ通信販売
だいぶ売り切れも目立ってきていますのでお早めに。


という訳で、今の所の購入予定物をまとめてみる。
在庫が残っていればの話ですけれども。

・クリアファイル
0100000000012

オタク御用達、毎度おなじみクリアファイル。
例によって例の如くクリアファイルとして使われることは多分ない。
そろそろクリアファイル用ファイルが欲しい。


・ブックカバー
0100000000142

Twitterでも紹介しましたが超欲しい。
パッと見シンプルで、一般の人は何とも思わないけど
分かる人には分かるデザイン。
公共の場で堂々と使える実用的なオタクグッズってのはもっと増えるべき。

少々脱線しますが、
最近発表された『ニンテンドー3DSLL イーブイエディション』は
まさにその需要を満たしてるデザインだと思いました。
pic_p2_01

ブラウン基調のストライプ柄とか最高じゃないですか。
そもそも3DSを公共の場でプレイする勇気が僕にはありませんけれども。


・カラビナ
0100000000272

理由は同上。


・マグカップ
0100000000112

食器はいくらあってもいいだろうが!
買わせてよ!


・3Dポスター
0100000000152

このキービジュアルが凄い好きなのですが、
3Dポスター、ってのが如何ほどのものか気になるので
現物みてから決めます。
B4っていう大きさもちょっと悩みどころ。



以上です。
とりあえず今日はドラクエ7して過ごします。
マリベル復帰はよ。
もう真Ⅳ明日だっつーのに。
コスタールのおつかいさせられてる感は異常。
コスタールに限ったことじゃないですか。そうですか。

光はいらね。

『惡の華』第7話。

あのタイミングで原曲を使うとか卑怯すぎます。
イントロで鳥肌がとんでもないことに。
先に『花』を聴いておいて良かった。

ストーリーの転機となる回での特殊EDっていう演出は
ベタだけど大好物です。
最終回のそれと違って、不意打ち感がたまらない。
最近だとアニメ版シュタゲにおける、フェイリスがDメールを送った回とか。
今回の『惡の華』でもそうですが、
「後戻り出来ない所まで来てしまった」ってのが見ている側にも凄い伝わってきます。

Bパート終わってないのにEDテロップがフェードインしてきた瞬間「うおー」ってなりますよね。
僕はなるんです。「うおー」って。言いませんけど。
心の中でなるんです。「うおー」って。厳密にはちょっと違いますけど。もういいです。

全滅した。

『ギャグマンガ日和』×『進撃の巨人』ブーム到来でしょうか。


進撃の巨人で「アンラッキーエンジェル」【ギャグマンガ日和】

サビの立体機動で何故か笑ってしまう。
一回目、二回目はニヤニヤ程度だったのに、
三回目でついに声出して笑っちゃった。
僕はやっぱこういうゴリ押しに弱いようです。
「聖なる三十路」が頭から離れません。
明日からの仕事が心配です。
【ニコニコミュニティ】くなまその生放送
記事検索


47都道府犬

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語公式サイトはこちらへ!
ファタモルガーナの館
エスカ&ロジーのアトリエ公式サイトはこちらへ!
  • ライブドアブログ