に、行って参りました。
往復7時間も運転したよ!
行きは3時間かかったよ!
帰りは3時間+迷子1時間だったよ!
やっぱ見ないとダメだなぁ。
案内標識。

さて、Twitterで呟いた感想の繰り返しになりますが、
客席から起こる「笑い」と「共感」の割合が3:7くらいという
お笑い芸人としては複雑な気持ちになるであろう、
稀有なタイプのお笑いライブに仕上がっておりまして。

感覚的には、友達とオタクトークで盛り上がっている状況の中に
新谷良子も混ざってる、っていうシュールな空間に迷い込んだような。
もうめっちゃ楽しめました。
ひだまつり以降2回目の生シンタスも近距離で見られて満足。


33歳の絶対領域、マジ安全地帯。

今回はシンタス目当てでの参加でしたが、
ゲスト関係なしに毎回観に行きたいと感じさせられた素晴らしいライブでした。
13はよ。



んで、またここで細かい感想を書き始めちゃうと
今日中に書き終わらないパターンなんですよね。
書き上げたとしても、もう寝る時間ってパターンなんですよね。
で、米を炊くのが億劫になって
次の日食べるご飯がないってパターンなんですよね。
おかずだけが、テーブルの上で所在なく立ち尽くしてしまうパターンなんですよね。
切ないんですよね。

ってことで、この『登風』なるオタクライブにおいて
笑い声より「あー」という共感の声の方が大多数であると専らの評判である
とあるコントについてのみ触れていきます。
確かに「あー」でしたので。

うん。明日にでも。
お腹空いた。