早苗さんが言ってた。


案の定、ネットユーザーの格好の餌食となってしまった野々村議員。
会見の映像を初めて見たとき、僕は笑うより先に戦慄してしまいました。



公の場に立っていい人とはとても思えない。

もはや何らかの精神疾患があるとしか思えないので
頭ごなしに彼を「おかしな人だ」と否定してしまうのは些か心苦しくはありますが、
少なくとも「議員に相応しくない」と感じているのは僕だけではないはず。
『47歳児』という蔑称は言い得て妙で、
ただ歳を重ねただけの子どもにしか見えません。

そしてこの騒動は日本国内のみならず、海外のメディアへと波及。
『フルスロットル謝罪』と揶揄されるにまで至りました。

日本のネットユーザーの大半は
この一連の騒ぎをある種の祭りとして全力で楽しんでいるように思えます。
しかし、僕にはどうも笑うことが出来ません。

世界の目に、彼は『兵庫県儀会員の野々村竜太郎』として映りません。
『日本の政治家』として映るのです。
これは本当に恥ずかしい。

彼を笑うということは、日本の現状を笑うということ。
笑ってる場合じゃないだろう。
日本国民はもっと危機感を持つべきだと僕は声を大にしt

野々村議員が全く気付かないうちにCLANNADの汐になる


くっそ笑った。


や、ニコニコのランキングにBGM挿入系のネタが多数あったので
「定番の『願いが叶う場所』が投稿されてなかったら、作ってみようかなぁ」と思い
「野々村 CLANNAD」で検索かけた結果がコレだよ。

タイトルを一瞥して、「やっぱ既に作られてるよねー」と独り言ちながら再生。
予想に反しクラナド本編が映し出されて困惑するも、
数秒後にこの動画がどういうオチを迎えてしまうのか理解した瞬間、
盛大に吹き出してしまいました。

そして予想通りの展開と、
コメントの「子安wwwwww」で更に爆笑。
確かに子安だわこれ。

トドメは声がフェードアウトしつつの「世の中を変えたい」で
涙が出てくるわ息できないわでもう。
はー。笑った。
本来の目的であった、ただのBGM挿入MADを投稿する気はすっかり失せてしまいました。
これには勝てんわ。


あ、今更ではありますが、
クラナドの感動を激しく台無しにする動画ですので閲覧注意。
僕自身、原作で泣き、アニメでも号泣した場面の一つですので
ちょっと見て後悔してる気持ちもありつつ。

だけど一番涙腺にきたのは、
帰りの電車の中で渚の思い出話を汐にする場面です。
あのシーンにおける朋也とプレイヤーの心情のシンクロっぷりは異常。
ネタにすんなよ!絶対すんなよ!