【くわまそ】La Mort Heureuse【のブログ】

【くわまそ】La Mort Heureuse【のブログ】
ニコニコ動画にて
・【ペルソナ4縛りプレイ】里中千枝と二人で難易度EXPERTに挑む
・【車載実況】大分弁で九州横断道路を横断しちみるわ
・大分弁でDEAD ISLAND実況プレイしちみるわ
他、何やかんや気まぐれで適当にやってます。

漫画・アニメ・特撮

お前がそう思うんなら躁でいいんだよ。

うめてんてー。


何故かこのタイミングで1期配信。
まぁそれは喜ばしいことなんでございますが。



露骨なサムネに笑った。
あのコラのイメージが強すぎます。


卒業編発売からそろそろ1年。
何かしらの発表の伏線だったら嬉しいのですが、
原作にフェス太が登場してからまだストックも少ないですし、
そもそもうめてんてーがハイパー多忙くさいので望みは薄いか。

個人的には卒業式そのものよりも
その後の引っ越していくまでのドタバタの方がグッと来たので
せめてそこだけでもOVA化して欲しかったり。
って前も言った気がする。
何もなくなった沙英さんの部屋を眺めたときの宮ちゃんにやられました。


まぁアニメに関してはもう4期もやっちゃってますし、
大人が首を縦に振らないとにっちもさっちもいかないのであんま期待せずに待つとして
とりあえずそろそろ原作のコミックが欲しい所です。

あんま期待してない苺ましまろに次いで
よつばとの連載も停滞している今、
ひだまりスケッチまでなくなってしまったら僕はもう…!
ごきチャ読みます。

Time to Make History.

実家に戻る準備やら何やらでバタバタしていて見ることができなかった
ニコ生『影時間テレビ~ペルソナアワー~』。

てっきり既に発表されている4作品の続報かと思いきや
まさかの『P4G』アニメ化て。

チエチャン縛りを完結させるまでは…と思いつつ我慢していたP4Gですが
この展開は予想していませんでした。
OVAとかならともかく、まさかがっつり1クールお送りするとは。

プレイするまでP4Gの追加イベント情報は極力調べないようにしようと決めていたので
少々複雑な気持ちではありますが、それ以上にやっぱ楽しみ。
動くチエチャンを再び見ることができるのは魅力的です。

2014年はペルソナイヤーと呼ばれてはいたものの
こんなビッグニュースを用意していたとはとんだ嬉しい誤算でございました。
劇場版P3と舞台P3の円盤もそろそろ発売ですし。
お財布から嬉しい悲鳴が止まらない。
嬉しい悲鳴だよ。
ほんとだよ。

諭吉と樋口と桐花葉。

もう一週間以上経ってんのに
いつまでこのネタを引っ張る気だって感じではございますが、
これで最後ですので!多分最後ですので!おそらく!

という訳で先週末の戦利品をご紹介。

P4141061
まずは、舞台『今度は愛妻家』のパンフ。

物語も知らず、名塚さん以外の出演者さんも全く知らない状態だったので
「面白かったら買おうかなー」ぐらいに思っていたのですが、
しっかりとした装丁と意味深なデザインに惹かれて
入場後即購入してしまいました。
1800円。
P4141063
P4141064
P4141068
がっつりと開けない仕様にも関わらず
見開きの写真が多いのが難点でした。

内容はインタビューよりも写真が多め。
作中の一幕にも、オフショットにも見える自然体な写真が多くを占める中、
最後の1枚の破壊力たるや。
もしかしたら、さくらが写ルンですで撮ったものかも知れませんね。


続いて『にゃんぱす祭り』物販。
P4141075
キンブレを光らせた所を撮りたかったので
ついでにあざといエフェクトをかけてみたらあざとい感じになった。
そんなキラキラじゃなくていいんよ?

ちなみに下に見切れているのが、
最後に銀打ちから射出された銀テープです。
なんとなく持って帰ったけど、どう飾ろう。



・キングブレード

10色切り替え可能。
大活躍でした。

惜しむらくは、キャラのイメージカラーを把握しきれていなかったこと。
一応周りのお客さんたちを確認しつつ色を変更していたのですが、
れんげ⇒紫
ほたるん⇒青
越谷姉妹⇒橙
といった感じに。
越谷姉妹が被ってんのは流石にちょっとなぁ。

とか思いながら、帰宅して台紙を確認してみたら
一応公式で色指定されていたっぽいですね。
あ、上の写真のキンブレの真後ろにあるやつですね。
はい、全然違いましたね。
次回は気を付けます。
覚えてたら気を付けます。

けど、れんちょんはやっぱ紫なイメージなんだけどなぁ。うーん。


・湯のみ

思ってたより小さめでしたが、実用的なグッズ。
オタク色も比較的薄い。
愛用したいと思います。

これからの時期季節外れなのでは、とかいう意見は勘弁な。


・パンフ

見所はメインキャスト4人へのインタビューと、あっと先生描き下ろしイラスト。
残りの大半はキャラ紹介やらイメージボードやら。
良くも悪くもパンフ、って感じでした。

改めて思ったのは、あやねるの宣材写真マジ美少女。
そして、なかなか撮り直さないあすみんマジ老けない。
撮影時期的に、今現在の俺よりもう年下なのではなかろうかしにたい。

あ、余談ですが、
先日ひょんなことでニコニコ大百科の『佐倉綾音』の項目を開いたときに
あやねるの写真が記事中で使用されていたので
写真も載せられるようになったのねー、とか思いつつ目を凝らしてみたら
718421

絵だった。


・マフラータオル

結局買っちゃいました。

某ひだまつりで購入したマフラータオルのようなマイクロファイバー生地ではなく
ごく一般的な綿100%のものだったので
バスタオル代わりにでも使っていこうかと。
タオルって飾りにくいですし、埃かぶったら悲惨なのでガシガシ使っていきます。


・のんのんだより!なのん さん

来月末に発売されるラジオCDをいち早くゲット。
そして先日、公録回を聴いてみました。

細かい感想は割愛しますが、
相変わらずの安定した不安定っぷりでとても面白かったです。
フリーダムな面子に囲まれている状況におけるあすみんの安心感な。

ただ、これは『にゃぱす祭り』より前に聴いておくべきだった、と後悔。
4時間程時間が空いてたのに、くわまそワンカラ行っちゃった。
まぁ聴ける環境もなかったしね。仕方ないね。


・こまぐるみラバーストラップ

マー兄へのおみやげとして、ラバストも購入。
BktO8LxCcAEis1b

マー兄のツイートから拝借。

ちなみに上にあるのが例の銀テープ。
数本カバンに詰め込んで帰ったので、二期決定の喜びのお裾分け。
この写真を見て気付きましたが、折れちゃってるのを渡しちゃいましたね。
今度折れてないの差し上げます。
覚えてたら。
まだ折れてなかったら。



戦利品は以上。
レシートもにゃんぱす仕様だったので、大切に保管しておきます。
P4151083

愛妻家のパンフと合わせて、占めて15500円也。
フードタオルとリコーダーはスルーしました。
やっぱ使い道にも収納場所にも困る代物でしたので。

驚いたのは、一番早くに売り切れたのがリコーダーだったこと。
あんま数を用意してなかったのでしょうか。
ちなみに、ちょっとだけ危惧していた
会場周辺で吹いちゃうようなひだまりな自由人は見当たりませんでした。
よかった。



さて、あとは当日撮影した写真を適当に並べて終わりにします。
ケータイで撮影したものなので画質に関してはこらえてつかあさい。


と、思ったらケータイからPCに写真移せねぇ。
実家にカードリーダーを忘れたっぽいです。
最近本当に要領が悪くてやになっちゃう。

今度実家に戻ったときにでも、
この記事に追記という形で紹介したいと思います。
いや、つってもほんとに大したものは撮ってないんですけど。

あ、けどりえしょん宛にフラワースタンドは本当に凄かった。
気になる人はググってください。
次の機会があったら俺も参加したい所存。

歌うように続いてく。

という訳で、
のんのんびより トーク&ライブSPイベント『にゃんぱす祭りなのん♪』
の感想を、記憶の整理も兼ねてさくっと箇条書きでまとめてみます。

『超ひだまつり』や『たまゆらの日2013』と同様、
相変わらず「めっちゃ笑って、少し泣いた」という感想だけが頭に強く残っていて、
細かい箇所はよく思い出せないという状況だったのですが、
いろんなブログ様の感想やらレビューやらに目を通していたら
芋づる式にいろんな記憶が蘇って参りました。
ので、忘れないうちに書き殴っていきます。

つっても、クイズパートの解答の詳細やらライブパートのセトリやらは
それこそググったらいろんなブログ様のレビューがひっかかるのでそちらをご参考にして頂ければこれ幸い。
ここでは、個人的に印象に残っている会話劇、リアクション芸、ツッコミ等をメインに据えてまとめていきます。

また、出演者の発言に関してはうろ覚え、記憶の混濁、多少の脚色がございますことを
予めご了承くださいませ。


続きを読む

当たり前という奇跡。

「さて、久しぶりにとりかえしのつかないことでもするかな」
っていうネタが『伝染るんです。』であったじゃないですか。
vlcsnap-2014-04-09-18h46m45s120
vlcsnap-2014-04-09-18h46m56s234
vlcsnap-2014-04-09-18h47m07s74
vlcsnap-2014-04-09-18h47m16s186

もう完全に4コマ目のリアクションでしたよね。
バスが帰りの飛行機に間に合わないことを確信したとき。


という訳で、2泊3日のはずが急遽3泊4日になってしまった
東京への遠征から昨日帰って参りました。
飛行機に乗れなかった原因は、ひとえに僕の勘違いの連鎖にあります。

何故か東京駅から成田までの移動時間を30分程度と思っていました。
バス停に行けば、10分も待たずに乗れると思っていました。
そして、ドが付くほどの心配性である自分が、
飛行機に乗り遅れるなどというミスを犯すなんてありえないと思っていました。
全部間違っていました。


飛行機の出発時刻は16:25。
これはバッチリ頭に入ってたじゃん?

京成バス乗り場に到着したのが15:00ちょい過ぎ。
超余裕って思うじゃん?

15程待つじゃん?
バス来るじゃん?
成田行きじゃなかったじゃん?

改めて確認すると、成田行きが到着するのが15:25って書いてるじゃん?
まぁギリギリかなって思うじゃん?

さらにもっとよく見てみるじゃん?

成田までの所要時間約60分って書かれてあるじゃん?

vlcsnap-2014-04-09-18h47m16s186


僅かな可能性にかけて、その場にいた京成バススタッフに間に合うか確認してみましたが、当然
「無wwww理wwwwwでwwwwすwwwよwwwww」
と一笑に付されてしまう始末。
「ですよねwwwwwやらかしましたわwwwwwwいやあwwwwwww」
って笑って返す他ないですよね。
そして、その一連の会話を聴いていた他のバス待ちの方々の視線は、
この直後に発生した僕の財布へのダメージ以上に痛かったですよね。
割と本気で死にたくなりました。はい。


幸い、次の日の仕事の予定が
事務所に残ってるXPのPCを7に移行しつつ、それに伴うなんやかんや
という、僕がいなくてもどうとでもなる内容だったので、
今回の粗相及び翌日欠席の連絡を会社に入れると「何しよんのかwwww」と笑って許可してくれまして。

宿の方も、1時間前に駅の改札で感動的な別れ方をしたたつらふに
「あ、もう一泊頼むわ」と連絡を入れると「何しよんのかwwww」と笑って許可してくれました。
大分人は懐が広い。
成田空港くらい広い。


みたいな感じでブログのネタにしちゃうと、心と財布への傷も幾分か癒やされますね。
追加で支払うハメになった飛行機代もゲーム一本我慢すればいい程度の料金でしたし。
良い時代に産まれたものです。
余談終了。


という訳で、
のんのんびより トーク&ライブSPイベント『にゃんぱす祭りなのん♪』

舞台『今度は愛妻家』
を堪能して参りました。

『にゃんぱす祭り』は、僕の想像していた通りの最高に素晴らしいイベントでしたが、
『今度は愛妻家』は、僕の想像を裏切る最高に素晴らしい舞台でございました。

2つのステージに共通して言えるのは、
まさか泣かされるとは思わなかった、の一言。

『にゃんぱす祭り』では、
「I'll be backなのん!」で会場大歓声
⇒こっこちゃんに支えられながら号泣するりえしょん&半ベソで地面にへたりこむあやねる
⇒顔ぐしゃぐしゃで嬉しさを語るりえしょん
のコンボで貰い泣き。

『今度は愛妻家』は…ネタバレになるので詳細は控えますが、
中盤以降の展開にひたすら心が揺さぶられておりました。
これは是非いろんな人に見て欲しい。
特に主人公と同世代のご夫婦の方々。

残念ながら、僕みたいな若い独り身の男がこの作品を見て受け取った感動というのは、
『今度は愛妻家』という物語の本質ではないように思えます。
ですので、これから年を重ねて、万一結婚するなんてことになっちゃった時にもう一度見てみたい。
本当の意味で主人公に感情移入することができるのは、多分その時。
そういう意味では、今のうちにこの作品に触れることが出来たのは大きかったと言えるのかも知れません。
「これから出会うであろう、たくさんの『当たり前』を大切にしよう」と強く感じさせられる名作でございました。
それこそ、「とりかえしのつかないこと」にならないように。

それと、もともと今作を見る大きなキッカケのひとつであった名塚さんの出演に関しまして。

登場早々、いきなり服を脱ぎ始めてランジェリー姿になったり、
風呂場からバスタオル一丁で出てきたり、
メガネにポニーテール、全裸(という設定)に大きめのYシャツを羽織っているだけという姿で、
股に挟み込んだモップの柄を前後しながら床を掃除するという痴女役としても登場したり、
といった想像の斜め上を行くぶっ飛んだ活躍っぷりでした。


ここまでの僕の感想を見ると「どんなストーリーなんだよ」って感じですよね。
それは是非ご覧になってください。
「カラッと笑えてホロッと泣ける、ちょっとシリアスなお話」というキャッチコピーに偽りはありませんでした。

上演スケジュールと僕のスケジュールと僕のお財布事情の都合が合わず
2回目を見ることが叶わないまま東京を離れることになったのが本当に残念です。
もう一方のキャストverも見てみたかった。
DVDはよ。


さて、『今度は愛妻家』の感想にスペースを割いてしまいましたが、
『にゃんぱす祭り』の感想やら当日の写真やら戦利品やらはまた明日にでも。
眠くなってきた。
まだ疲れが取れていないのん。
やっぱ自宅の布団が一番なんなー。
【ニコニコミュニティ】くなまその生放送
記事検索


47都道府犬

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語公式サイトはこちらへ!
ファタモルガーナの館
エスカ&ロジーのアトリエ公式サイトはこちらへ!
  • ライブドアブログ