【くわまそ】La Mort Heureuse【のブログ】

【くわまそ】La Mort Heureuse【のブログ】
ニコニコ動画にて
・【ペルソナ4縛りプレイ】里中千枝と二人で難易度EXPERTに挑む
・【車載実況】大分弁で九州横断道路を横断しちみるわ
・大分弁でDEAD ISLAND実況プレイしちみるわ
他、何やかんや気まぐれで適当にやってます。

小説

闇が落ちる前に、もう一度 / 山本弘

移動時間等を利用してちょっとずつ読み進めておりましたが、一昨日読了。
山本弘の短篇集です。

致命的なネタバレはありませんが、少々内容に触れますので
気になる方はスルーで。


5つの短編が収録されていたのですが、
取り分け楽しめたが『時分割の地獄』と『夜の顔』。
特に『夜の顔』の振り切った不条理っぷりというか、
抗いようのない何者かに対する絶望感は最高でした。


あらすじを掻い摘んで説明致しますと、
「人は何のために繁栄を続けてきた?何のために生きている?その先に何がある?」
という素朴な疑問を抱いてしまった男が、
ある日の夜、車の窓からふと人気のない路地裏に目をやると、
そこに"顔"を見つけた。

見た目はただの平凡な中年男性(著者曰く「竹中直人をイメージして下さい」とのこと)のそれなのだが、
首から下は存在せず、あまりに大きく、そしてあまりにはっきりとそこに存在していた。

その日以来、その巨大な"顔"は頻繁に男の前に姿を見せる。
しかし何故か『男が一人でいる夜』にしか現れない。

当然男は自らの精神病を疑うのだが、
医師の診断では、男の体には何ら異常は見られないとのこと。
そこで男は、「自分の頭が異常なのだ。この世界は正常だ」ということを証明する為に、
その"顔"を携帯電話のカメラに収めようと試みる。

ある日、至近距離に"顔"が現れた。
額のシミも、目尻の皺まではっきり見える。
呼吸音も聞こえる。
確かにそこに存在しているかのよう。
男はすかさず"顔"を撮影した。
画面には……。


といった内容。

信じていた『常識』や『法則』というものが、
いとも簡単に中年のおっさんの顔(竹中直人似)によって壊されていく恐怖。
特に何をされるという訳でもないのに、
巨大な中年のおっさんの顔(竹中直人似)が「確かにそこにある」という恐怖。
もうたまりません。

しかしこれ文章で読むと恐ろしい話なのですが、
映像化したら絶対笑ってしまう自信があります。
巨大な竹中直人の顔が突如音も無く現れるのを想像してみて下さい。
シュール以外の何物でもありません。
超見たい。


そこで思ったのが、
実写での再現が難しく、かといってアニメ絵だと魅力が半減してしまうようなこういった物語を
『惡の華』で一躍話題になったロトスコープなる技法で映像化したら面白いんじゃなかろうかと。
もちろん"顔"役は竹中直人で。
男の衝撃のラストシーンも是非映像で見てみたい。
竹中直人で。
笑うわー。絶対笑うわー。
竹中直人で笑うわー。
yamagatas9

けどやっぱちょっと怖いな。
窓の外見れなくなりそう。



さて、他の四作品もさくっと一言でご紹介。

表題作の『闇が落ちる前に、もう一度』は、
世界五分前仮説をテーマとした物語。

『屋上にいるもの』は、
自分の住むマンションの屋上に誰かが……という純粋なホラー。

『時分割の地獄』は、
とある人間に対し初めて『殺意』を抱いた人工知能の話。
詳しい感想は割愛しますがこういうの大好物です。
面白かった。

『審判の日』は、ごくわずかな人類のみを残して
ありとあらゆる生物が地球上から姿を消したという物語です。


全編通して貫かれているテーマは、『常識の崩壊』みたいな感じでしょうか。
自分たちの信じている『当たり前』が如何に脆弱なものであるか、
という恐怖を楽しめる一冊です。

同じく山本弘の短篇集である『アイの物語』ほどの衝撃はありませんでしたが、
ご興味がございましたら是非。


次は『去年はいい年になるだろう』をちまちまと読んでみようと思います。
というか、昨年末に上下巻まとめて購入したのですが、
どこかに消えてしまった。多分実家。
来週にでも部屋を漁ってみよう。

蹂躙。

剛力彩芽が「月9」初主演、「ビブリア古書堂の事件手帖」ドラマ化…フジ
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20121121-OYT8T00885.htm

いろんな書店で平積みされている上、
大学の頃お世話になっていたミステリ好きの某教授からの評価も高かった為
いつか読んでみようと思っていた矢先に、
剛力彩芽の毒牙が。

頑張って国民的アイドルに仕立てあげようとしているのは分かりますが、
そろそろ察しろ。
無理。
どっからどう見てもその域に達していない。
ゴリ押すなら橋本愛とかにして下さい。

詩羽のいる街 / 山本弘

数ヶ月前から、仕事の待ち時間等を利用して少しずつ読み進めていました。

んで、今回の編集作業中においても
レンダリング中やら、編集ソフトの急な強制終了に伴う再起動中やらの
空いた時間を利用して、ちまちまと読み進めていたのですが、
さっきのブログ記事を書き終えて第四章の一行目を目にした瞬間、もう止まらなかった。
そして、たった今読了致しました。
最高の作品でした。
あ、ネタバレはしませんのでご安心を。
多分。
致命的なネタバレは無い。と思う。


地味に驚いたのが、
作中作の『戦場の魔法少女』の存在。

タイトル、あらすじ、そして鬱展開、っていう特徴からして『魔法少女まどか☆マギカ』のパロディかと思いきや
『詩羽のいる街』の発売は2008年。
まどマギ放送の三年前。

また、同じく作中作の『ガールズ・テリトリー』に
それぞれ別人ではあるものの『佐倉』と『杏子』っていう登場人物がいたり。
軽くググってみた限りでは、山本弘氏本人はこのことについては言及していない様子、
というかむしろまどマギの大ファンのようなのですが。
全くの偶然なのでしょうね。
きっと。


ひとつの街を舞台にした群像劇が好きな方には気に入って頂けると思います。
第四章の「全員集合!」感もテンションが上がる。
そういう意味では、もっといろんなエピソードが見たかった。

性格上、「各章の詩羽は全て別人なのではないか」とか
「『戦場の魔法少女』の世界こそが現実なのではないか」とか
いろいろと捻くれた推理をしていたのですが、そんな心構えは不要でした。
気持ちの良い読了感。

ちょっと人を選ぶかも知れないポイントを挙げると、
誰かの言葉を借りて言うならば
まさに「作者の生の声が出すぎてる」という所。
詩羽の主張然り、第四章の二人の会話然り。

僕自身は、第三章での詩羽の主張にぐうの音も出なかったというか
「座右の銘は現状維持」という僕の生き方を
真っ向から、しかも正論で「それって要領悪くね?」と言われた気がして
何か凄く考えさせられました。
あくまで物語として楽しむ予定だったのに、生き方を考えさせられるとは思わなんだ。

また、これは詩羽の台詞ではないですが
「昔の人から見たら魔法のような時代に、私たちは生きている」
というのには激しく同意。
学生の頃に、僕が友人数人に熱弁してみたものの首をかしげられた主張に
「『ある朝目が覚めたら周りの人皆ちょんまげで腰に刀ぶら下げてた。
この21世紀の世界は夢だった』っていうのは割と現実的。
今現在身の回りにあるものって、説明出来ないものが多すぎる。
こんな小さなUSBメモリにそんな大量の情報が入ると思う?
電波とかいうよく分からん存在のおかげで、遠く離れた人と話せると思う?
ありえなくね?」
というものがありました。
まぁ今考えると、「僕は馬鹿でーす」という一言に集約されるような主張な訳ですが。

ただ今でも『電気』とか『電波』とかいう存在は
限りなく魔法に近い存在だと思っています。
実際、その仕組みを理解すれば「魔法でも何でもねーじゃん」と思うのでしょうが、
わざわざそこまで調べることの程でもない。
何故か調べようと思えない。
それこそもしかしたら、同じく山本弘著の『正義が正義である世界』の主人公と同じ理由で
「なぜかは分からないけど、そこから先に行こうとは思わない」
と思い込まされているだけかも知れませんよね。
そこまでは設定されていないから、という理由で。

まぁそんな妄想は置いておいて、
何やかんやで実際に長年かけて魔法のようなものを次々と作っている人間って凄い。
宇宙旅行やら、パイプの中を走る細長い車やら、アトムやらは実現していないものの
iPadやらARやら、昔の人が想像し得なかったベクトルで
人類は確実に未来を生きている。
超すげぇ。

ん、何の話をしてるんだろう。
っていうか眠い。

まぁ『詩羽のいる街』がオススメってことです。
好き嫌いは読み終わってから決めればいいよ。
とりあえず読めばいいよ。
『アイの物語』を読んでいない人は、そちらも併せて読めばいいよ。

ちなみにその2冊以外の山本弘の作品は読んだことない。
次は何を読んでみよう。
ハマったかも知れん。

綾辻行人×遠田志帆

久々の二連休に実家に帰って来たはいいが
晩飯まで『ダンガンロンパ』をしようと思っていた矢先にPSPの電池が切れてしまったので
久々に書店をうろついてみた。

すると綾辻行人作品が何故か平積みに。
そして幾つかの作品は『Another』のカバーイラストを描いた遠田志帆さんが
表紙を新規に書き下ろされていました。
なんていうか…この表紙は卑怯だ。良い意味で。
彼女が描いた『Another』の表紙以外のイラストをあまり見たことが無いのですが
どれもすごく綺麗なイラストでした。
散々悩んで「いや、全部持ってるしな…」と何とか我慢出来ましたが
彼女のサイトを見たらまた欲しくなってきた。
もういい。買う。全部買う。

遠田志帆さんによるイラストで表紙が新しくなったのは
『殺人鬼』『フリークス』『眼球綺譚』『最後の記憶』の4作。
そしてハードカバーが故に未だに読んでいなかった『Another』も
上下巻として文庫化されているようです。
もう買う。全部買う。Anotherもいい加減そろそろ読む。
ということでTポイントの使い道が決まったところでそろそろ晩飯が出来たようです。
いただきます。

Another / 綾辻行人

来期、綾辻行人氏原作『Another』のアニメが始まるらしい。
全然知らんかった。
綾辻行人の小説は一通り本棚に揃っておりまして、
Anotherも、その中で明らかにアウェイな圧倒的存在感を放ちながら佇んでおります。
ただ買ったはいいが、その分厚さ故に読む気が起きないまま今日に至っている次第。
ハードカバーは持ち歩くことが出来ないので、家で読むしかないのですが、
家にいるときはPCかゲームやってるので読む機会が無いのです。
頃合いを見て読んでみるか。
面白いのは確からしいので。

しかし、何故いきなり綾辻行人作品がアニメ化したのだろうか。
『屍鬼』が漫画化すると知ったときと同じ衝撃を受けました。
表紙が非常にインパクトのある、というか綺麗なイラストなので、
綾辻行人を知らない方でも、手に取ることが多かったのでしょうか。
何はともあれ、個人的にはアニメ化大賛成です。
思えばあの綺麗な表紙もアニメ化を見越してのことだったのかもしれん。

表紙にインパクトがある、というつながりで言えば、
重松清の『疾走』も是非アニメ化して欲しい。
実写化はされているのですが、あまり良い評判を聞かないので見る勇気が出ない。
読んでて本当に心苦しくなる悲しい物語なのですが、是非多くの人に知ってもらいたい作品です。
新房監督お願いします。

今日のアリス様。無事、第三章クリアです。
【ニコニコミュニティ】くなまその生放送
記事検索


47都道府犬

新・ロロナのアトリエ はじまりの物語公式サイトはこちらへ!
ファタモルガーナの館
エスカ&ロジーのアトリエ公式サイトはこちらへ!
  • ライブドアブログ